「ベースを叩き直さないとダメ」。相馬勇紀、2連敗と敗退決定でU-23日本代表の行く末憂う【AFC U-23選手権】

2020年01月13日(Mon)0時41分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

相馬勇紀
U-23日本代表のMF相馬勇紀【写真:Getty Images】

【AFC U-23選手権の日程・テレビ放送予定はこちら】

【日本 1-2 シリア U-23アジア選手権・グループB第2節】

 サッカーU-23日本代表は12日、AFC U-23選手権(東京五輪アジア最終予選)でグループリーグ敗退が決まった。

 グループBの第2節でU-23シリア代表と対戦したU-23日本代表は、前半を1-1で折り返したものの、終盤にカウンターからゴールを許して終戦。1-2での黒星、そして大会2連敗でグループリーグ1試合を残して決勝トーナメント進出の可能性が潰えた。

 試合後、日本の唯一のゴールを決めたMF相馬勇紀は「戦えていなかったからこういう結果になったし、今大会で1試合目に負けて、点を取りにいかなきゃいけない時に、ああやってリスクを負うことはあるけど、1人ひとりが、全員が1対1で負けちゃダメだし、個の部分が改めて大切だと感じました」と強い口調で語った。

 左サイドから果敢な縦への突破、クロス、カットイン、シュートなどで存在感を発揮した相馬も、1人では結果を覆すことはできなかった。「チームとしての崩しのバリエーションが増えてきている中で、結局、失点する場面も得点する場面も個人のところ、最後は必然とそうなるスポーツだと思う」と痛感する22歳は、「僕も含めて、まず戦うというベースの部分を、もう1回しっかり叩き直さないとダメだと感じました」と言い切った。

 日本は自国開催のため東京五輪の出場権をすでに確保しているが、他の国はアジアで3枚しか残っていない五輪への切符獲得を目指して戦っている。これまでとは目の色が違うチームばかりが揃った舞台であっさり2連敗を喫し、森保一監督率いるU-23日本代表は本気の相手と対戦する貴重な機会を失ってしまった。

「得点が決まった後、ああやって泣いて地面にうずくまって喜ぶ選手は、賭けているものが違うと。僕らも、そこは全力で戦うと話しましたけど、やっぱり本当に賭けているものが違うなと身に沁みました」

 相馬はチーム全体に、大会に臨むにあたって甘さを感じていたようだった。ピッチ上のプレーで積極的にゴールへ向かっていく姿勢を見せることで変化を起こそうと試みたが、全員には届かなかった。

 結果、サウジアラビアとシリアに屈辱的な2連敗。インタビューの最後に相馬が「すみません」と結果への謝罪を呟いたのも、森保ジャパンのチーム状況や選手たちの厳しい精神状態を象徴していたと言えるかもしれない。

【グループリーグ順位表はこちら】

【了】

新着記事

↑top