U23日本代表
U-23日本代表【写真:Getty Images】

【AFC U-23選手権の日程・テレビ放送予定はこちら】

【U-23日本代表 1-2 U-23シリア代表 U-23アジア選手権グループB第2節】

 AFC U-23選手権(東京五輪アジア最終予選)のグループリーグ第2節が12日に行われ、サッカーU-23日本代表はU-23シリア代表に1-2で敗れてグループリーグ敗退が決まった。日本代表のまさかの早期敗退については韓国メディアも盛んに報じている。

 初戦でサウジアラビアに1-2の敗戦を喫していた森保ジャパンはシリアに対してもPKで先制を許したあと、相馬勇紀のゴールで一旦は同点に。だがボールを支配しながらも勝ち越しゴールを奪えずにいると、後半終了間際にカウンターから致命的な2失点目を許した。

 韓国『朝鮮日報』は「日本、U-23グループリーグ衝撃の脱落」と報道。他の多くのメディアも「屈辱」「恥」などの言葉とともにU-23日本代表の敗退決定を伝えている。日本での報道を受け、森保一監督の去就が不透明になったとの見方にも言及されている。

 今大会は東京五輪男子サッカーの予選を兼ねているが、開催国である日本は今回の結果にかかわらず五輪出場権を獲得している。「日本は堂々と五輪サッカーに出場することに失敗した。開催国の利益がなければ本戦の舞台を踏めなかった」と韓国『MSN』は記した。

 日本の敗退は、韓国を含めた他国の五輪出場権争いにも影響することになる。もし日本が準決勝まで勝ち進んでいれば、準決勝に進んだ他の3チームが五輪出場権を獲得するところだった。だが日本が敗退したことで、準決勝で敗れた2チームは3位決定戦で五輪出場権を争うことになる。

 グループリーグ2連勝で決勝トーナメント進出を決めたU-23韓国代表も、準々決勝に勝利しただけではまだ五輪出場権を手に入れることはできない。「3位決定戦が重要になった」とその点も複数メディアで指摘されている。

【グループリーグ順位表はこちら】

【了】

新着記事

↑top