W杯2度出場の元ポルトガル代表FWが現役引退「選手として来て欲しくない日が来てしまった」

2020年02月08日(Sat)21時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

ウーゴ・アルメイダ
【写真:Getty Images】

 ポルトガルのアカデミカ・コインブラに所属していた35歳の元ポルトガル代表FWウーゴ・アルメイダが7日、自身のインスタグラムを通じて現役引退すると表明した。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ポルトガルのポルトやレイリアなどでプレーした後、2006年7月にブレーメンへ期限付き移籍。2007年7月に完全移籍へ移行した。2008/09シーズンはドイツ杯(DFBポカール)で5試合に出場し4得点を記録。決勝戦でレバークーゼンを下して優勝を果たしている。また、UEFAカップも決勝戦まで駒を進めたが、シャフタール・ドネツクに敗れたことで優勝を逃した。

 2011年1月にはベシクタシュへ移る。その後はチェゼーナやハノーファー、AEKアテネなどの移籍を経て、2018年7月からアカデミカ・コインブラでプレーしていた。ポルトガル代表としては通算57試合出場で19得点を記録。2010年と2014年のワールドカップでもプレーしている。

 自身のインスタグラムを通じてアルメイダは「サッカー選手としては、来て欲しくない日が来てしまった。アカデミカ・コインブラの監督たちと話し合って決断を下した」と、コメントしている。

【了】

新着記事

↑top