インテル、ミラノダービー制す。0-2からの逆転勝利でユベントス交わし首位浮上

2020年02月10日(Mon)6時45分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

インテル
【写真:Getty Images】

【インテル 4-2 ミランス セリエA第23節】
 
 セリエA第23節のインテル対ミランが現地時間9日に行われた。試合は4-2でインテルが勝利した。

【今シーズンのセリエAはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 注目のミラノダービーはミランが最初のチャンスを迎える。9分にチャルハノールが右足で強烈なミドルシュートを狙うもボールはポスト左に直撃し先制点とはならず。

 インテルの最初のチャンスは24分、右サイドでボールを受けたルカクが低いクロスをペナルティーエリアに送ると2列目から走り込んできたベシーノフリーでシュート、しかしミランGKにブロックされる。

 その後は膠着状態が続き迎えた40分、カスティジェホのアーリクロスをイブラヒモビッチがヘディングで落としレビッチがゴールに流し込みミランが先制する。主導権を握ったミランはアディショナルタイムにも右コーナーキックのボールがファーサイドまで流れフリーのイブラヒモビッチがヘディングシュートを決める2点リードで折り返す。

 後半に入るとインテルが反撃を開始する。51分に右サイドでボールを受けたカンドレーヴァが中央に切り込みシュート、DFに当たったボールをブロゾビッチがボレーシュートでゴールを決める。さらに1分後にはペナルティーエリアでアレクシス・サンチェスのパスを受けたベシーノがダイレクトで押し込み2分間で同点に追いつく。

 振り出しに戻った試合は70分、右コーナーキックからデ・フライがヘディングシュートを決めインテルが勝ち越しに成功する。追いつきたいミランも攻撃的な選手を投入するも得点を奪うことが出来ない。逆にアディショナルタイムにルカクがダメ押し点を決め勝負あり。

 このまま試合は終了、インテルが2点差をひっくり返しミランに勝利、ユベントスを交わし首位に浮上した。

【得点者】
40分 0-1 レビッチ(ミラン)
45+1分 0-2 イブラヒモビッチ(ミラン)
51分 1-2 ブルゾビッチ(インテル)
53分 2-2 ベシーノ(インテル)
70分 3-2 デ・フライ(インテル)
90+3分 4-2 ルカク(インテル)

【了】

新着記事

↑top