マンCに激震! 2年間のチャンピオンズリーグ出場禁止処分。FFPで「重大な違反」

2020年02月15日(Sat)4時23分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

マンチェスター・シティ
【写真:Getty Images】

 マンチェスター・シティは2020/21シーズンと2021/22シーズンのチャンピオンズリーグに出場することができない。UEFAは現地時間14日、同クラブに2シーズンのUEFA主催大会参加禁止の処分を言い渡した。英『BBC』などが伝えている。

【今シーズンのシティの試合はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 UEFAによると、シティが2012年から2016年にUEFAに提出したファイナンシャル・フェアプレー(FFP)に関する書類で「重大な違反を犯した」ことが確認された。そのため、2年間のUEFA主催大会参加禁止と3000万ユーロ(約36億円)の罰金処分を科している。

 シティは「失望しているが、発表に驚きはない」と声明を出し、上訴の意向をすぐに表明した。

 UEFAが指摘した「重大な違反」は、ドイツ『デア・シュピーゲル』の報道がもとになっている。このリーク情報では、シティがFFPを遵守していることを偽装した証拠が示されていた。この偽装により、シティはFFPに抵触せず、巨額の投資を行ってきたとされている。

 プレミアリーグ2連覇中のシティは現在、チャンピオンズリーグ制覇を最大の目標に戦っている。その出場権を失うことになれば、クラブへの影響は計り知れないものとなるはずだ。

【了】

新着記事

↑top