吉田麻也のセリエAデビューはまたもお預け。両チーム1人ずつ退場…サンプドリアは下位対決で5失点大敗

2020年02月17日(Mon)1時08分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

吉田麻也
【写真:Getty Images】

【サンプドリア 1-5 フィオレンティーナ セリエA第24節】

 イタリア・セリエA第24節、サンプドリア対フィオレンティーナが現地時間16日に行われた。試合はホームのサンプドリアが1-5で敗戦を喫した。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。2ヶ月無料お試し実施中】


 リーグ戦17位のサンプドリアと15位のフィオレンティーナの下位対決となった一戦。今冬の移籍市場でサンプドリアに移籍した日本代表DF吉田麻也はベンチ入りするも、出番はなかった。

 先制したのはフィオレンティーナ。8分、右からのクロスに中央でトルスビーがオウンゴール。サンプドリアがオウンゴールで開始早々に失点を喫してしまう。さらに17分、VARによりハンドの判定を取られ、サンプドリアはPKを与えてしまう。これをヴラホヴィッチに決められ、序盤に2点のビハインドを喫した。

 2点ビハインドとなったサンプドリアはまたもPKを与えてしまう。39分、ムッルが競り合った時に相手に肘を入れてしまい、ファールの判定。これでムッルはこの日2枚目のイエローカードで退場処分となった。このPKをキエーザが決め、フィオレンティーナがリードを3点に広げた。

 44分、フィオレンティーナのミラン・バデリがこの日2枚目のイエローカードで退場処分。これで10対10と同数となった。その後もフィオレンティーナのDFを崩せないサンプドリアは中々ゴール前までボールを運ぶことができない。すると57分、サンプドリアはヴラホヴィッチにこぼれ球を押し込まれ、4失点目を喫してしまう。

 0-4の67分、サンプドリアは3枚目のカードを切り、吉田のセリエAデビューはまたもお預けとなった。その後、サンプドリアは5失点目を奪われ、1点を返すのがやっと。サンプドリアは1-5で敗戦を喫した。

【得点者】
8分 0-1 トルスビー【OG】(フィオレンティーナ)
18分 0-2 ヴラホヴィッチ(フィオレンティーナ)
40分 0-3 キエーザ(フィオレンティーナ)
57分 0-4 ヴラホヴィッチ(フィオレンティーナ)
78分 0-5 キエーザ(フィオレンティーナ)
90分 1-5 ガッビアディーニ(サンプドリア)

【了】

新着記事

↑top