ソン・フンミン、アジア人初のプレミア通算50得点。5戦連続弾も自己ベスト

2020年02月17日(Mon)12時30分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

20200217_son_getty
【写真:Getty Images】

 トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンは、アジア国籍の選手では初となるイングランド・プレミアリーグでの通算50得点を達成した。リーグ公式SNSなどが伝えている。

【今シーズンのトッテナムはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。2ヶ月無料お試し実施中】


 トッテナムは現地時間16日に行われたプレミアリーグ第26節の試合でアストン・ビラと対戦。ソン・フンミンは前半アディショナルタイムに2-1の逆転ゴールを挙げたのに続いて、2-2で迎えた後半アディショナルタイムにも劇的な決勝ゴールを挙げてトッテナムの勝利に大きく貢献した。

 この2点を加えたことで、ソン・フンミンはプレミアリーグ通算51得点。アジアの選手としては初めて50ゴールの大台を突破した。今季のリーグ戦での得点は9点となり、4年連続二桁ゴールにもあと1点に迫っている。

 プレミアリーグ通算得点数のアジア歴代2位は元マンチェスター・ユナイテッドのパク・チソン氏による19得点。先日ニューカッスルを退団したMFキ・ソンヨンが15得点で続き、3位までを韓国の選手が独占している。昨季までレスター・シティでプレーしたFW岡崎慎司(現ウエスカ)が14得点で4位となっている。

 また、ソン・フンミンはこの日のゴールによりカップ戦を含めて公式戦5試合連続でのゴールを記録。過去に4回達成していた4試合連続ゴールを上回る自己ベスト記録更新となった。

【了】

新着記事

↑top