好調イカルディの“お騒がせ妻”、今回は去就を静観? 「彼が選択したことに私たちは従う」

2020年02月20日(Thu)11時20分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

マウロ・イカルディ(左)とワンダ・ナラ氏(右)
【写真:Getty Images】

 パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するマウロ・イカルディの妻および代理人のワンダ・ナラ氏が、同選手の去就について口出ししないことを誓った。19日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 2019年の夏、インテルでキャプテン剥奪騒動があった後、イカルディは期限付き移籍でPSGに加入した。エースのネイマールが負傷離脱する中、イカルディは今季公式戦28試合に出場し19得点4アシストを記録している。

 PSGが買い取りオプションを行使する可能性もあるが、何も起こらなければ今年6月にインテルへ復帰することになる。2019年の夏には、PSGの他にユベントスへ移籍する可能性もあったため、ワンダ・ナラ氏が口を挟む場面もあった。

 しかし、ワンダ・ナラ氏は「マウロがユベントスに行くかどうか? 私は本当に知らない。ミラノへ戻るか、それともパリへ留まるのかもわからない。サッカーは何が起こるかわからないもの。彼が選択したことに私たちは従うだけ。私はマウロのことをよく知っている。彼が何を望んでいて、どうあれば気分が良くなるのかを正確に知っている。今は議論する段階ではないわ。私は妻として、また彼の代理人として彼の選択に従うだけよ」と答え、今回は静観することを示唆している。

【了】

新着記事

↑top