EURO2020の延期も視野に? イタリア選手協会会長「選手は毎回リスクを冒す」

2020年03月06日(Fri)9時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

EURO2020
【写真:Getty Images】

 今年6月に開幕するEURO2020の日程が変更されるかもしれない。イタリア選手協会会長のダミアーノ・トマシ氏が言及したと、5日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 EURO2020は6月12日から7月12日の1ヶ月間にわたり、イタリア含む12ヶ国で分散開催される予定だ。しかし、欧州各地で新型コロナウイルスの感染者が増加しており、イタリアでは4月3日まで無観客試合、チャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)が無観客試合になるなどサッカー界にも大きな影響が出ている。

 トマシ氏は「欧州サッカー連盟(UEFA)はEURO2020の日程を動かす可能性を考慮しなければならない。最終結論に達するまでの時間を必要とするだろう。新型コロナウイルスの問題はイタリアだけのものではない。セリエAは無観客で続けるが、選手の中には、そのことに合意している者と心配している者がいる。必要な全ての予防措置を講じるが、ピッチで戦う選手は毎回リスクを冒すことになる。最悪な場合、選手一人でも新型コロナウイルスに感染すれば、チーム全体が検疫に入らなければならない可能性がある」と語り、懸念を示した。

【了】

新着記事

↑top