15歳のドルトムントFW、U-19リーグ最多得点記録樹立。15シーズンぶりの快挙

2020年03月09日(Mon)9時20分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

ユスファ・ムココ
【写真:Getty Images】

 ボルシア・ドルトムントの下部組織(U-19)に所属するFWユスファ・ムココが新記録を樹立した。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 現地時間8日に行われたU-19ブンデスリーガ第20節でドルトムントはU-19オーバーハウゼンと対戦した。この試合でムココは2ゴールを決め3-0の勝利に貢献した。

 この日の2得点で今季のゴール数を「34」としたムココは、2004/05シーズンにFWハルク・トゥルケリ(当時・U-19ボーフム)が記録した1シーズンの最多得点記録「33」を更新した。

 ムココは2004年11月にカメルーン人の両親から生まれたドイツ国籍を持つ少年だ。11歳にしてザンクト・パウリのU-15カテゴリーでチームの中心としてゴールを量産し、2016年5月にドルトムントの下部組織へ移籍する。そして昨季はドルトムントU-17でリーグ戦25試合に出場し46得点8アシストを記録。当時13歳ながらU-17ブンデスリーガの最多得点記録を樹立した。

 今季は15歳ながら、開幕戦で6得点を決め、これまで5度のハットトリックをマーク、リーグ戦8試合連続得点中と絶好調だ。果たしてムココはシーズン残り6試合で何ゴール決める事が出来るだろうか。

【了】

新着記事

↑top