本田圭佑がインフルエンザを告白。デビュー戦見送り決定。ファンに謝罪「明日の試合でプレー出来なくなった」

2020年03月10日(Tue)6時30分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

本田圭佑
【写真:Getty Images】

 ブラジルのボタフォゴに所属する33歳の元日本代表MF本田圭佑がインフルエンザにかかったことを告白。現地時間10日の公式戦デビューは見送られることになった。10日に自身のツイッターを通じてファンに謝罪している。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 本田は現地時間10日に行われるコパ・ド・ブラジル(ブラジル杯)3回戦のパラナ戦で公式戦デビューを飾ることが見込まれていた。しかし、現地時間8日にクラブがSNSを通じて「本田圭佑は発熱のため日曜日(3月8日)午前にエスタジオ・ニウトン・サントスで行われた練習に参加しなかった。クラブの医療部門が本田の状態を見ている」と発表を行い、パラナ戦での公式戦デビューが難しくなったことを明かした。

 そして今回、本田は「明日の試合でプレー出来なくなったことについて謝ります。インフルエンザにかかったため、僕はここ数日のチーム練習に参加できませんでした」とツイッターを通じて語り、インフルエンザにかかった事実を明かしている。

 続けて「チケットを買ってくださった全てのサポーターのみなさんに感謝します。こんなことになってしまって申し訳ありません」と、ファンに向けて謝罪した。本田の公式戦デビューは現地時間15日のカンピオナート・カリオカ(リオデジャネイロ州選手権)のバングー戦が見込まれている。

【了】

新着記事

↑top