コパ・アメリカ
【写真:Getty Images】

 南米サッカー連盟(CONMEBOL)は17日、2020年6月に開催予定だったコパ・アメリカ2020を延期する事を発表した。新しい日程は2021年6月11日から同年7月11日となった。 

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 同連盟のアレハンドロ・ドミンゲス会長は「予期しなかった状況に対する特別な措置」「飛躍的に広がりを見せるウイルスから守るため」と現在世界各地で感染が拡大している新型コロナウイルスの影響で今回の決定を下した事を明らかにした。

 コロンビアとアルゼンチンで開催される予定だった同大会は2カ国に加え、ブラジル、ウルグアイ、チリ、パラグアイ、ベネズエラ、ペルー、ボリビア、エクアドルの南米に加え、オーストラリアとカタールが参加予定だった。

 なお欧州サッカー連盟(UEFA)も同日に今年6月から開催予定のEURO2020を1年間延期する事を発表した。欧州と南米でNo1を決める大会を同時に延期したことでサッカー界全体が足並みを揃える形となった。

「世界最古の国際大会であるコパ・アメリカは2021年に熱気あふれる大会になって戻ってくる事を確信している」と力強く語るドミンゲス会長。多くのサッカーファンは1年後に熱い戦いになる事を期待しているに違いない。

【了】

新着記事

↑top