プレミアリーグ、6月末終了目指して「5日で3試合」? 選手たちは猛反発か

2020年03月28日(土)17時26分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , , , , ,

プレミアリーグ
【写真:Getty Images】

 新型コロナウイルスの影響により中止されているリーグ戦の再開後に、最大で「5日間で3試合」という超過密日程が組まれる可能性を提示され、イングランドの選手たちは猛反発しているという。英紙『デイリー・メール』が27日付で伝えた。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 プレミアリーグを含めたイングランドの各リーグもウイルス感染拡大の影響で中止され、現時点では4月末までに予定されていた全試合の延期が決定。早くとも5月半ば頃までは再開が難しいとの見通しが示されている。

 各国リーグでは、再開後の日程を例年であればオフとなる7月や8月、さらにはそれ以降まで延長する可能性も議論されている。だが英紙によれば、イングランドでは契約上の問題などを回避するため依然として6月30日までのリーグ戦終了がターゲットに設定されているとのことだ。

 プレミアリーグの各チームはそれぞれ9試合または10試合のリーグ戦を残しており、FAカップや欧州の大会で勝ち残っているチームもある。5月半ばから6月末までの約6週間でシーズンを終えるためには、5日間で1日おきに3試合を行うことも必要になると見込まれている。

 通常のシーズン中ではあり得ない超過密日程であり、負傷のリスクが増大することも懸念される。またメンバーのローテーションが可能なビッグクラブがより有利になることなども予想され、選手側からは猛反発の声が上がっていると伝えられている。

【了】

新着記事

↑top