酒井高徳、コロナウイルス感染の症状を説明「共有して少しでも伝えられたら」

2020年04月05日(Sun)19時37分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

酒井高徳
【写真:Getty Images】

 J1のヴィッセル神戸に所属する元日本代表DF酒井高徳は、新型コロナウイルスに感染した自身の症状について5日に公式ツイッターアカウントで経過説明を行った。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 神戸は3月30日に酒井から新型コロナウイルスの陽性反応が検出されたことを発表。Jリーグ所属選手では初の感染例となった。神戸はその後、今月1日と2日にもそれぞれトップチーム関係者1名の感染が確認されたことを明らかにしている。

 クラブがすでに発表していた症状と重なる部分もあるが、酒井はまず熱、倦怠感、頭痛の症状があったとのこと。その後は「2~3日後に熱が下がり味と匂いがしなくなった」、「6~7日で味覚と嗅覚がもどった」、「そこからはずっと元気」と味覚異常や嗅覚異常などを含めた経過を説明した。

「あくまで自分の経過です。程度など期間は一人一人違うと思うので僕も医者ではありませんしわかりません」と、酒井はあくまでひとつのケースでしかないことを強調しながらも、「不安になる気持ちは誰にでもあるので共有して少しでも伝えられたらと思いました」と経過公表の意図について述べている。

【了】

新着記事

↑top