セリエA、4日から練習場での個人トレーニング再開も。複数クラブが発表

2020年05月03日(Sun)15時01分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

イタリア
【写真:Getty Images】

 新型コロナウイルスの影響により公式戦が行われず、各クラブの練習も禁止されていたイタリア。だがセリエAの複数クラブが個人トレーニング開始を発表し、リーグ再開に向けて徐々に動き始めている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 イタリア政府は先週、個人スポーツの選手のトレーニング再開を5月4日から認めることを発表したが、サッカーを含むチームスポーツの個人トレーニングはまだ認められず。不平等であるとしてサッカー関係者からは不満の声も上がっていた。

 スポーツ大臣のヴィンチェンツォ・スパダフォーラ氏は技術科学委員会に対してチームスポーツの個人トレーニング許可も検討するよう要請したと報じられている。だが中央政府の決定に先立ち、地方自治体によってはすでに4日からのトレーニングを認めることを決定している。

 エミリア・ロマーニャ州が個人トレーニング許可を決定したことを受け、2日にはサッスオーロが4日からの個人トレーニング再開を発表。セリエAでは最初に練習再開を決めたクラブとなった。続いて同州のパルマも週明けから、ボローニャも5日からの練習再開を発表している。ローマも週明けからの個人トレーニング再開を2日に発表した。

 各クラブでは十分なウイルス感染予防対策を取った上で個人トレーニングを許可することになる。ドレッシングルームやジムなどの室内施設はいずれのクラブも使用禁止。サッスオーロの場合はピッチ3面で計6人(半面あたり1人)の選手のみが同時にトレーニングを行うと発表している。

【了】

新着記事

↑top