コウチーニョ、ブンデス再開も今季中の復帰は微妙か?4月に右足首の手術

2020年05月10日(Sun)23時30分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

フィリッペ・コウチーニョ
【写真:Getty Images】

 バルセロナからバイエルン・ミュンヘンにレンタル移籍しているブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョは今季中の復帰は微妙であるようだ。スペイン『マルカ』がスペイン『ムンド・デポルティボ』の記事を引用し、現地時間10日に報じた。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 バイエルンは先月24日、コウチーニョが右足首の関節遊離体を摘出する手術に成功したと発表。クラブは14日以内に基礎トレーニングを始めるとしていた。

 スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、コウチーニョは後1ヶ月か半月はプレーすることができないという。そのため、リーグ戦再開後の初戦となるウニオン・ベルリン戦は欠場することになるようだ。また、リーグ戦は6月27日までを予定していて、コウチーニョは今季最終戦に復帰、もしくは今季中の復帰はできないかもしれないと報じられている。

 バルセロナからバイエルンにレンタル移籍となっているコウチーニョ。バイエルンでは今季公式戦32試合に出場9得点8アシストを記録している。バイエルンはコウチーニョの買い取りオプションを行使しない意向であるという。

 バルセロナ側はコウチーニョがバルセロナで100試合に出場すると、リバプールへ2000万ユーロ(約23億円)の支払い義務が発生するため、放出する意向であると報じられている。しかし、コウチーニョがリーグ戦中断中に右足首の手術を行なったため、今季の残り試合に出場できなくなると、移籍の可能性がかなり低くなってしまう。

 来季の去就が不透明なコウチーニョ。今季のリーグ戦に間に合うのだろうか。

【了】

新着記事

↑top