チャンピオンズリーグ
【写真:Getty Images】

 英国政府はチャンピオンズリーグ(CL)などの出場選手らに隔離措置の免除を認めない見通しであり、各クラブが欧州の大会での戦いを続行できるかどうか危ぶまれる状況だという。英紙『ザ・サン』が18日付で伝えた。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 新型コロナウイルス感染拡大予防のため、英国では全ての入国者や帰国者に対して14日間の隔離措置を義務付けている。国際的なスポーツイベントの開催を可能とするため、CL出場選手やF1ドライバーなどに特例として隔離の免除を求める動きもあると報じられていた。

 だが英国政府な厳格な対応を貫き、外交官や輸送業者などを除いては隔離を徹底する方針だという。最終決定は下されていないものの、サッカー選手の隔離免除が認められるのは難しいとされている。

 他国から訪れるチームや、他国で試合をして戻ってくる英国チームがそのたびに14日間の隔離を強いられるようでは、国際大会への参加は事実上不可能。今季のCLやヨーロッパリーグ(EL)に勝ち残っているチームが戦い続けるのは難しくなるかもしれない。

 CLでは現在マンチェスター・シティとチェルシーが勝ち残っており、ともにラウンド16の2ndレグを残している状況。またELではイングランドのマンチェスター・ユナイテッドとウォルバーハンプトン、スコットランドのレンジャーズが大会に残っている。

【了】

新着記事

↑top