バルセロナに悲願の欧州初制覇をもたらした一撃。ロナルド・クーマンの豪快弾!

2020年05月20日(Wed)23時52分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

ロナルド・クーマン
【写真:Getty Images】

 これまでに5度の欧州制覇を成し遂げ、間違いなく世界で最も成功したサッカークラブのひとつだと言えるバルセロナ。だが欧州での初優勝は意外にも比較的遅く、1992年まで待たねばならなかった。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 チャンピオンズカップ黎明期にはレアル・マドリードが伝説の5連覇を含む6回の優勝を達成。だがその後はオランダやドイツ、イングランド、イタリアなどのクラブがそれぞれ一時代を築く中、スペイン勢は26年間にわたって欧州の王座から遠ざかっていた。

 バルセロナも1961年の決勝でベンフィカに、1986年の決勝でステアウア・ブカレストに敗戦。悲願達成に向けて3度目のチャンスが巡ってきたのはちょうど28年前の5月20日、ロンドンのウェンブリー・スタジアムで行われたサンプドリアとの決勝だった。

 ヨハン・クライフ監督が率いる“エル・ドリーム・チーム”を構成していたメンバーはジョゼップ・グアルディオラや、後に日本でもプレーするフリスト・ストイチコフ、ミカエル・ラウドルップ、フリオ・サリナスなど。だが勝負を決めたのはその豪華攻撃陣の誰でもなく、DFながらも驚異的な得点力を誇った現オランダ代表監督だった。

 両チーム無得点のまま90分間を終え、延長前半にも試合は動かず。だが迎えた112分、ゴール正面でのFKを獲得したバルサはロナルド・クーマンが豪快なミドルをゴール左隅に突き刺す。バルサに待望のタイトルをもたらした一撃だった。

1 2

新着記事

↑top