バルセロナのフランス代表FW「現役引退はMLSで」。2022年以降のアメリカ行きを検討中

2020年06月06日(Sat)11時53分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

アントワーヌ・グリーズマン
【写真:Getty Images】

 バルセロナのFWアントワーヌ・グリーズマンは、将来的にメジャーリーグサッカー(MLS)でプレーする考えを持っている。アメリカ『ロサンゼルス・タイムス』に対するインタビューをもとに、複数メディアが伝えた。

【今シーズンのバルセロナはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 29歳のグリーズマンは、「バルサでラ・リーガとチャンピオンズリーグを制することが夢であり目標だ」と、現在の目標を明かした。そして、「そのあとは再びワールドカップだね。MLSはそのあとだ」と述べ、2022年まではヨーロッパで戦うつもりだとしている。

 グリーズマンは「どのチームかは分からないけど、MLSでプレーしたい気持ちは本当だ。アメリカでキャリア終えることが目標だ。タイトルを狙えるチームでチームの主要選手になりたいね」と話した。

 まずはヨーロッパで自身の目標を達成できるかに注目だ。

【了】

新着記事

↑top