世界最高のセンターバックは誰だ! CB能力値ランキング1位~5位。難攻不落な男が断トツトップに!(19/20シーズン確定版)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。※成績は4月1日時点

2020年06月11日(Thu)7時00分配信

シリーズ:19/20能力値ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

5位:身体能力抜群のフランス人

ラファエル・ヴァラン
ラファエル・ヴァランの能力値や今季リーグ戦成績など【写真:Getty Images】

DF:ラファエル・ヴァラン(フランス代表/レアル・マドリー)
生年月日:1993年4月25日(27歳)
市場価格:8000万ユーロ(約96億円)
今季リーグ戦成績:23試合出場/2得点1アシスト


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 フランスが生んだワールドクラスの大型DF。2018年のロシアワールドカップでは母国の優勝に貢献、今季で在籍9年目を迎えたレアル・マドリーでは前人未到のチャンピオンズリーグ(CL)3連覇に尽力するなど、これまでに数多くの大舞台で頂点に立ってきた存在だ。今季もここまでリーグ戦23試合に出場するなど、ジネディーヌ・ジダン監督の下で主力として奮闘中。チームの最終ラインをサポートし続けている。

 そんなラファエル・ヴァランは、身長191cm・体重81kgの巨体と身体能力の高さを兼ね備えた選手である。「フィジカル」の強さは当然ながらピカイチであり、自慢の長身と跳躍力を活かした「空中戦」の強さは攻守両面で相手にとって大きな脅威に。それに加え「スピード」も水準以上にある点がこの男の恐ろしいところ。自陣ゴール前で放つ存在感は際立っていると言えるだろう。

 そして、身体能力の高さに頼り切らない守備を見せることができるのもヴァランの魅力だ。カバーリングの上手さや読みの鋭さがあることはもちろん、簡単に足を出さずディレイしながらコースを限定するなど、状況に応じて“我慢する”ディフェンスを披露できる。つまりは、DFとしての判断力が優れているということ。CBは軽率な対応一つが失点を招くことがあるが、ヴァランはそれが非常に少ない選手と言えるだろう。

「テクニック」などは凡庸で、「パス」に関しても安定感はもちろんあるが、一気にチャンスへ結びつくようなボールを積極的に入れるタイプではないヴァラン。しかし、ディフェンススキルの高さは誰もが認めるところ。トップ5入りに異論の余地はないだろう。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top