香川真司、一定の存在感発揮も「スペース見つけられず」。現地メディアはまずまずの評価

2020年06月21日(日)6時14分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , ,

香川真司
【写真:Getty Images】

 スペイン2部のレアル・サラゴサは現地時間20日、アルメリアと対戦して0-2で敗れた。現地メディアが先発出場したMF香川真司について触れている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 前節ゴールを決めた香川は、3試合連続で先発出場。しかし、この日は決定的な仕事ができず、2点目を決められた直後の70分に退いている。

 『エル・デスマルケ』サラゴサ版は、10段階評価で香川に「6」を付けた。これはサラゴサで上から2番目で、3位タイとなるまずまずの評価。「パスを受けるためにいつもよりも下がらなければいけなかったが、自分のスペースをなかなか見つけられなかった」と指摘し、「ルイス・スアレスと何度かチャンスをつくりかけたが、うまくいかなかった」と記している。

 この敗戦で、3位アルメリアに勝ち点2差まで迫られたサラゴサ。次節は23日。敵地で降格圏のエストレマドゥーラと対戦する。

【了】

新着記事

↑top