19/20ラ・リーガベストイレブン。足切断危機から復活の英雄、バルセロナからは…

3季ぶりとなるレアル・マドリードの優勝で幕を閉じた2019/20シーズンのラ・リーガ。今季も最後まで熱い戦いが繰り広げられたが、その中でどのような選手たちの輝きが目立っていたのか。今回はフットボールチャンネル編集部が選んだ2019/20シーズンのラ・リーガベストイレブンを紹介する。(市場価格は『transfermarkt』を参照)

2020年07月29日(Wed)9時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

GK

ティボー・クルトワ
【写真:Getty Images】

ティボー・クルトワ(ベルギー代表/レアル・マドリード)
生年月日:1992年5月11日(28歳)
市場価格:6000万ユーロ(約72億円)
今季リーグ戦成績:34試合出場/20失点


【今シーズンのリーガはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 レアル・マドリード加入1年目であった昨季は可もなく不可もなくといったパフォーマンスだったが、今季は「世界屈指」の実力を世に改めて証明。長い手足を活かしたセービングで幾度となくピンチを防ぎ、チームのラ・リーガ制覇&最少失点達成に大きく貢献している。

 今シーズンのセーブ数は74回となっており、クリーンシート数18回はリーグトップの成績。さらにデータサイト『FBref.com』によるとセーブ率は78.9%という数字が出ており、これも同リーグ最高の成績となっている。そのパフォーマンスが認められ、ベルギー代表GKはヤン・オブラクらを抑えサモラ賞を受賞。選手本人にとっても満足いくシーズンとなったのではないか。

【次ページ】DF

1 2 3 4 5

新着記事

↑top