ロベルト・レヴァンドフスキ
【写真:Getty Images】

 バイエルン・ミュンヘンのFWロベルト・レヴァンドフスキが、2019/20シーズンの得点王3冠に近づいている。

【今シーズンの欧州CLはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 レヴァンドフスキは現地時間8日に行われたチャンピオンズリーグ・ラウンド16のチェルシー戦で2ゴールを記録し、今季同大会における得点数を「13」とした。

 これは今季の同大会でダントツの首位。10得点で2位につけるアーリング・ハーランドが所属するボルシア・ドルトムントはすでに大会から姿を消しており、バルセロナのリオネル・メッシはここまで3得点。レヴァンドフスキがチャンピオンズリーグ得点王に近づいている。

 同大会における1シーズン最多得点記録は、2013/14シーズンにクリスティアーノ・ロナウドがレアル・マドリードで達成した「17」。レヴァンドフスキはこの記録も視野に捉えている。

 レヴァンドフスキは2019/20シーズン、ブンデスリーガの得点王となり、DFBポカールでも得点王となった。チャンピオンズリーグでも得点王となれば、得点王の3冠達成ということになる。

 チェルシーを下したバイエルンは、チャンピオンズリーグ準々決勝でバルセロナと対戦する。

【了】

新着記事

↑top