セビージャ指揮官ロペテギ、自身EL初優勝でファンに感謝。「我々を愛する全ての人に捧げる」【EL】

2020年08月22日(Sat)11時20分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

フレン・ロペテギ
【写真:Getty Images】

 UEFAヨーロッパリーグ(EL)決勝、セビージャ対インテルが現地時間21日に行われた。セビージャが3-2で勝利し、前身のUEFAカップ時代を含め最多6度目の優勝を果たした。

【今シーズンのELはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 セビージャはロメル・ルカクのPKでインテルに先制されるも、ルーク・デ・ヨングの2得点で逆転。一時は同点に追いつかれるが、ルカクのオウンゴールで勝ち越しに成功した。指導者としてEL初優勝、トップレベルでは初のタイトルとなったセビージャ指揮官フレン・ロペテギが試合後に喜びを語った。

 スペイン『アス』が指揮官ロペテギのインタビューを掲載。指揮官は「我々はハードワークをし、3試合で3つのPKを相手に与えたが、このチームは諦めなかった。とても嬉しいよ」とコメントした。

 また指揮官はセビージャのファンに対しても感謝の意を示した。「とても素晴らしいクラブだ。私はファンがこの優勝を祝福してくれることを望むよ。でも、注意しなくてはならない。それでも我々は祝福しないといけない。この試合は我々を愛する全ての人に捧げるよ」と話している。

 ロペテギはスペイン代表を指揮していたが、2018年6月にレアル・マドリード指揮官に就任。しかし、スペインサッカー連盟から2重契約であると指摘され、非難された。その後、成績不振により同年10月にマドリー指揮官を解任され、昨年6月からセビージャを指揮していた。

 紆余曲折ありながらも、指揮官ロペテギは悲願のタイトル獲得となった。

【組み合わせ・対戦表はこちら】

【了】

新着記事

↑top