長友佑都はマルセイユと1年契約へ。監督「探していたタイプの選手」

2020年08月31日(Mon)14時12分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

長友佑都
【写真:Getty Images】

 トルコのガラタサライを退団してフリーとなっていた日本代表DF長友佑都は、フランスのマルセイユに加入する可能性が高くなったようだ。アンドレ・ビラス=ボアス監督も加入が決定間近であることを認めている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ビラス=ボアス監督は現地時間30日に行われたリーグアンのブレスト戦を終えたあと、メディアで報じられていた長友加入の噂についてコメント。「彼は今日到着した。明日メディカルチェックだ」と答え、31日には加入が正式決定する見通しであることを認めた。

 地元紙『ラ・プロヴァンス』によれば、長友とマルセイユの契約は1年間になる見通しだという。「彼は経験豊富な選手であり、過去2年半でチャンピオンズリーグ(CL)にも12試合出場してきた。我々の探していたタイプの選手だ」というビラス=ボアス監督のコメントも伝えられている。

 リーグアン開幕戦が延期されたマルセイユは、シーズン初戦となった第2節のブレスト戦にアウェイで3-2の勝利。この試合では過去3年間にわたりレギュラーとしてプレーしてきた26歳のフランス人DFジョルダン・アマヴィが左サイドバックを務め、右サイドは酒井宏樹が務めた。昨季リーグアンで2位となったマルセイユはCLにもグループステージから出場する。

【了】

新着記事

↑top