長友佑都は次節デビュー濃厚か。レギュラー左SBもPSG戦の乱闘騒ぎで退場処分

2020年09月14日(Mon)10時17分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

長友佑都
【写真:Getty Images】

 新天地マルセイユでの初出場はお預けとなったDF長友佑都だが、次節の試合ではデビューを飾る可能性が高いかもしれない。ポジションを争うDFジョルダン・アマヴィはレッドカードを受け、出場停止処分が見込まれる状況となった。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 長友は現地時間13日に行われたリーグアン第3節のパリ・サンジェルマン(PSG)で初のベンチ入りを果たしたが、出場はせず。試合はマルセイユが1-0で昨季王者を破る結果となったが、終了間際には両チームが合計5人の退場者を出す大荒れの展開となった。

 ボールのない場所でのファウルを発端とした乱闘の中で、マルセイユはアマヴィとFWダリオ・ベネデットの2人が退場。アマヴィは一発レッドカードであり、複数試合の処分を受ける可能性もあるかもしれない。

 レギュラーの左サイドバックであるアマヴィのバックアップという位置付けで加入した長友は、さっそくその代役を務める可能性もありそうだ。マルセイユの次節は17日にホームで行われるサンテティエンヌ戦となる。

 これまで2試合に右SBで先発しているDF酒井宏樹とともに、日本代表の両SBがクラブで共演することも期待される。一方、新型コロナウイルス感染の影響で欠場していた右サイドバックのブナ・サールが復帰すれば、酒井が左に回ることもひとつの選択肢となるかもしれない。

【了】

新着記事

↑top