欧州各国クラブ、主要移籍まとめ。新天地を求めた選手の能力値を紹介、今回はこの5人(10)

欧州主要リーグでは夏の移籍市場がオープンしている。すでに多くの実力者が移籍を決めており、新天地でのプレーには大きな注目が集まっている。今回フットボールチャンネルでは、移籍を決意した選手たちを様々なデータを参照した能力値とともに紹介していく。今回はハメス・ロドリゲス、ペルビス・エストゥピニャン、ガブリエウ・マガリャンイス、サンドロ・トナーリ、ドニー・ファン・デ・ベークの5人。(移籍金などは『transfermarkt』を参照)。

2020年09月19日(Sat)8時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

エバートンで新たなスタートを

ハメス・ロドリゲス
ハメス・ロドリゲスの能力値や19/20リーグ戦成績など【写真:Getty Images】

MF:ハメス・ロドリゲス(コロンビア代表)
生年月日:1991年7月12日(29歳)
市場価格:3200万ユーロ(約38.4億円)
19/20リーグ戦成績:8試合出場/1得点1アシスト(レアル・マドリード)
移籍先:レアル・マドリード→エバートン
移籍金:フリー


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 2014年ブラジルワールドカップでの大活躍を受け、レアル・マドリードに加入することが決まった。しかし、当初こそ主力として活躍していたものの、次第にポジションを失っていき、2017年にはバイエルン・ミュンヘンへのレンタル移籍を経験。昨年にマドリー復帰を果たしたが、出場機会はほとんどなかった。

 そんなハメス・ロドリゲスに手を差し伸べたのは、恩師カルロ・アンチェロッティ監督率いるエバートンだった。同クラブは7日、コロンビア代表MFを完全移籍で獲得したことを発表。契約期間は2022年までの2年間となっており、1年間の延長オプション付き。背番号は「19」となった。

 ハメスはスピード等を活かして相手を次々と置き去りにするようなドリブラータイプではないが、左足から放つラストパスやサイドチェンジなどの質は極めて高い。味方の動きを見逃さない視野の広さも備わっており、ゴール前でのアイデアも豊富。いわゆるプレーメーカータイプであると言えるだろう。

 南米出身選手らしい「テクニック」も秀逸で、細かくボールを操っては相手のプレスを確実にかわす。パスを受けてから展開するまでも非常にスムーズであり、このあたりの技術はワールドクラスと言える。コロンビアの王様はエバートンを高みへと導くだろうか。

【次ページ】久保建英と同僚に

1 2 3 4 5

新着記事

↑top