マンチェスター・シティ期待の新戦力5人。フォーデンとガルシアに続け! 久保建英の元同僚がブレイク間近

プレミアリーグ3連覇を逃したマンチェスター・シティは、すぐさま補強に動いた。ダビド・シルバとレロイ・ザネがチームを去ったが、バレンシアから20歳のフェラン・トーレス、ボーンマスからナタン・アケを獲得。さらに、下部組織にはエリック・ガルシアやフィル・フォーデンに続くべく、有望な若手選手たちが虎視眈々とチャンスを狙っている。今回はシティに加わった新戦力と、ブレイクが期待される若手選手5人を紹介する。

2020年09月24日(Thu)6時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

ユーティリティーなオランダ代表CB

0924Ake_getty
【写真:Getty Images】

ナタン・アケ(オランダ代表/背番号6)
生年月日:1995年2月18日(25歳)
19/20リーグ戦成績:29試合出場/2得点2アシスト(ボーンマス)


【今シーズンのシティの試合はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 昨季のマンチェスター・シティはエメリック・ラポルトの長期離脱が響き、センターバックのやりくりに苦労した。中盤が本職のフェルナンジーニョがセンターバックでプレーしたが、スピード不足は否めず。失点数は前年から12も増え、リバプールにリーグ3連覇を阻まれる原因にもなった。

 急所となったセンターバックの新たな人材として獲得したのが、オランダ代表のナタン・アケ。移籍金は4530万ユーロ(約54.4億円)とされており、契約期間は6年間。背番号6を与えられたアケは、今季初戦となったウォルバーハンプトン戦でいきなり先発起用されている。

 アケはオランダのデン・ハーグ出身で、フェイエノールトとチェルシーの下部組織でプレーした。チェルシーでは、17歳でプレミアリーグデビューを飾っている。

 15/16シーズンは期限付きで移籍したワトフォードで主に左サイドバックとしてリーグ戦24試合にプレーした。翌シーズンはボーンマスに半年間レンタルされ、17年夏に完全移籍で加入。センターバックのレギュラーに定着した。

 ボーンマスではエディ・ハウ監督の下、高い足下の技術で最終ラインからの組み立てを担った。鋭い読みを活かしたクリーンなディフェンスが長所で、イエローカードの数も少ない。広大なスペースをカバーできる走力は、シティでも存分に活かされることになるだろう。

【次ページ】久保建英の元同僚

1 2 3 4 5

新着記事

↑top