CL決勝で痛恨のミスをしたリバプールGKが母国復帰へ。遠藤渓太所属のウニオン・ベルリン加入が間近

2020年09月28日(Mon)19時43分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

ロリス・カリウス
【写真:Getty Images】

 リバプールのGKロリス・カリウスが、ドイツでプレーすることになりそうだ。ドイツ『ビルト』や英『デイリー・メール』が伝えている。

【今シーズンのリバプールはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ドイツの世代別代表を経験している27歳のカリウスは、2018年のチャンピオンズリーグ決勝レアル・マドリード戦で致命的なミスをしたあと、トルコのベシクタシュへレンタルで移籍した。その期間が終了してリバプールに戻ったものの、チームの構想からは外れており、新天地を探していたところである。

 そのカリウスが、母国復帰となるようだ。報道によると、同選手は27日にベルリンに到着。28日にメディカルチェックを受け、問題がなければレンタルでの移籍が成立する見通しだ。

 ウニオン・ベルリンは、FW遠藤渓太が所属するクラブ。ブンデスリーガ開幕2試合で1分け1敗という戦績だ。

【了】

新着記事

↑top