大迫勇也、交代出場でインパクト残せず。「ほとんど効果をもたらさなかった」

2020年11月07日(Sat)19時10分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

大迫勇也
【写真:Getty Images】

 ドイツ・ブンデスリーガ第7節のブレーメン対ケルン戦が現地時間6日に行われ、1-1のドローに終わった。ブレーメンのFW大迫勇也は65分からの交代で出場している。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 3試合連続のベンチスタートとなった大迫は0-0で迎えた65分にブレーメンの最初の交代カードとして投入。その直後に大迫が取られたファウルによるFKからケルンが先制点を奪ったが、ブレーメンもPKで同点に追いついてドローに持ち込んだ。

 地元紙『ヴェーザー・クーリアー』では、約25分間の出場となった大迫に対して採点「4」(ドイツでは1から6までで数字が小さいほど高評価)。チーム内では平均的な評価としつつ、「彼の交代はほとんど効果をもたらさなかった。ケルンの先制点に繋がるFKを引き起こした」と寸評を添えた。

 クラブ専門メディア『ダイヒシュトゥーベ』では大迫に対して採点は無し。「(ミロト・)ラシツァとの交代で入ってすぐにファウルでイエローカード。よく動いていたが危険なスペースは見つけられなかった」とコメントしている。

 ブレーメンは開幕戦に敗れたあと2連勝に続いて4試合連続の1-1ドロー。インターナショナルブレークを挟んで次節は王者バイエルン・ミュンヘンとアウェイで対戦する。

【了】

新着記事

↑top