ユルゲン・クロップ
【写真:Getty Images】

 国際サッカー連盟(FIFA)は25日、2020年度FIFA「ザ・ベスト」各賞のノミネートを発表した。男子の年間最優秀監督候補にはマルセロ・ビエルサ、ハンス=ディーター・フリック、ユルゲン・クロップ、フレン・ロペテギ、ジネディーヌ・ジダンの5人がノミネートされた。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ビエルサ監督はイングランドのリーズ・ユナイテッドを率い、チャンピオンシップ(2部)優勝でクラブを16年ぶりのプレミアリーグ昇格に導いた。バイエルン・ミュンヘンを率いるフリック監督はチャンピオンズリーグ(CL)優勝とブンデスリーガ、DFBポカール(ドイツ杯)の3冠を達成している。

 クロップ監督はリバプールに悲願のプレミアリーグ初優勝をもたらした。ロペテギ監督の率いるセビージャは昨季ヨーロッパリーグで優勝。ジダン監督はレアル・マドリードでリーガエスパニョーラ優勝を飾った。

 年間最優秀監督賞には例年10人前後の候補がノミネートされていたが、今季は5人のみ。新型コロナウイルスの影響で代表チームの国際大会の多くが中止・延期されたこともあり、クラブチームの監督のみが候補に名を連ねている。

 昨年はリバプールでCL優勝を成し遂げたクロップ監督が受賞。今年度の候補の中ではジダン監督も2017年に受賞経験がある。

 各賞の受賞者は今年12月17日に開かれるセレモニーで発表される予定。男子年間最優秀監督賞のノミネート5人は以下の通り(括弧内は国籍/所属クラブ)。

マルセロ・ビエルサ(アルゼンチン/リーズ・ユナイテッド)
ハンス=ディーター・フリック(ドイツ/バイエルン・ミュンヘン)
ユルゲン・クロップ(ドイツ/リバプール)
フレン・ロペテギ(スペイン/セビージャ)
ジネディーヌ・ジダン(フランス/レアル・マドリード)

【了】

新着記事

↑top