アーリング・ブラウト・ハーランド
【写真:Getty Images】

 ボルシア・ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランドが、チャンピオンズリーグ(CL)でまた新たな新記録を樹立した。大会史上最短で通算15得点に到達している。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ドルトムントは現地時間24日に行われたCLグループステージ第4節の試合でベルギーのクラブ・ブルージュと対戦。ハーランドの2得点とFWジェイドン・サンチョの1得点により3-0で快勝を飾った。

 ハーランドはこれでCL通算12試合に出場して計16得点を記録。スポーツのデータ分析を手掛ける『Opta』によれば、大会史上最も少ない試合数で15得点に到達した選手となった。

 昨季前半戦まで所属していたオーストリアのレッドブル・ザルツブルクでCLデビューを飾ったハーランドは、グループステージ6試合で8得点。1月にドルトムントへ移籍したあと決勝トーナメント2試合で2得点を挙げ、今季はここまで4試合で6得点を記録している。

 20歳にしてすでに多くのレジェンドたちの通算得点数を上回ったことも各国メディアで話題となっている。ジネディーヌ・ジダン氏やブラジルのロナウド氏、ダビド・ビジャ氏、ミロスラフ・クローゼ氏らはいずれもCLでの通算得点数が14ゴールだった。

【了】

新着記事

↑top