最高額のアルゼンチン人は誰だ? サッカー選手市場価値ランキング1~5位。ビッグクラブで輝く点取り屋たち

2020年12月11日(Fri)6時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , ,

4位:カバーニの9番を継承した点取り屋

マウロ・イカルディ
【写真:Getty Images】

FW:マウロ・イカルディ(アルゼンチン代表/パリ・サンジェルマン)
生年月日:1993年2月19日(27歳)
市場価値:5500万ユーロ(約66億円)
今季リーグ戦成績:5試合出場/2得点0アシスト

 バルセロナのカンテラ(下部組織)出身だが、スタイルが合わず活躍の場をイタリアへ。そして、サンプドリアを経て2013年から所属するインテルではエースストライカーとしてプレーし、セリエA得点王を2度も獲得。公式戦219試合で124得点28アシストという、申し分ない成績を収めていた。

 しかし、かなり強気な性格の持ち主であり、サポーターの批判の的となることも多く、妻で代理人も務めるワンダ・ナラの過激発言も度々話題となる。昨年にはクラブとの契約問題に揺れ主将を剥奪されるなど、輝かしい成績とは裏腹にインテルとの関係は良好ではなかった。

 そして昨年夏、アントニオ・コンテが新監督に就任したことで完全に居場所はなくなり、パリ・サンジェルマン(PSG)へ活躍の場を移すことになった。ただ、新天地ではネイマールらとともに攻撃を活性化させており、今季からは退団したエディンソン・カバーニの「9番」を継承している。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top