大迫勇也、先発復帰…チーム最低評価のドイツ紙も。「危険な状況を作れなかった」

2020年12月16日(Wed)14時50分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

大迫勇也
【写真:Getty Images】

 ブンデスリーガ第12節、ヴェルダー・ブレーメン対ボルシア・ドルトムントが現地時間15日に行われた。ドルトムントが2-1の勝利を収めた。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ブレーメンに所属する大迫は2試合ぶりの先発復帰。しかしゴールはなく、73分に途中交代となっている。その大迫に対してドイツメディアは厳しめの評価を下した。

 ドイツ『ビルト』は大迫を含む7選手に「4」と厳しめの評価(ドイツでは1から6までのうち、数字が小さいほど高評価)。地元メディア『deichstube』はチーム最低タイとなる「4.5」をつけ「(ロマーノ・)シュミットをベンチに追いやった。彼は最前線で仕事をしたが、危険な状況を作れなかった。彼のアクションを成功に導くことは困難だった」と厳しめの評価を下している。

 ブレーメンは19日にマインツと対戦する予定。今季未だゴールのない大迫。次節のスタメン入りはあるだろうか。

【了】

新着記事

↑top