Home » サッカー最新ニュース » 香川真司にサラゴサ新監督が興味も「叶わぬ夢」。スペインサッカー連盟の規約で実現不可

香川真司にサラゴサ新監督が興味も「叶わぬ夢」。スペインサッカー連盟の規約で実現不可

2020年12月19日(土)7時44分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , ,

香川真司
【写真:Getty Images】

 スペイン2部のレアル・サラゴサは、MF香川真司と再び契約を交わすことはできないようだ。スペイン『エル・デスマルケ』が現地時間18日に伝えた。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 サラゴサは現在、スペイン2部で22チーム中21位と大不振の真っ只中。先月はルベン・バラハ監督を解任した。後任となったイバン・マルティネス監督は、8試合で7敗と状況を悪化させ、今月13日にクラブを去った。現在はフアン・イグナシオ・マルティネス監督が指揮を執っている。

 マルティネス監督が就任してすぐにクラブに訪ねたのが、香川との再契約だという。だが、それは「叶わぬ夢」だったと記事は伝えた。

 EU圏外枠を使ってサラゴサの一員になった香川。EU圏外枠が空かなければもちろんプレーすることができない。さらにスペインサッカー連盟(RFEF)には、「一度ライセンスを取り消した選手が、同一シーズンに同じクラブでライセンスを取得することはできない」という規約があるとのことで、香川がサラゴサと再契約することはできない。

 無所属の状態でサラゴサでトレーニングを続けている香川。冬に新たなクラブは見つかるだろうか。

【了】

新着記事

↑top