冨安健洋に現地メディア及第点。失点につながるファウル犯すも勝ち点に貢献

2020年12月21日(Mon)7時30分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

冨安健洋
【写真:Getty Images】

 ボローニャは現地時間20日にトリノと対戦し、1-1の引き分けで試合を終えた。ボローニャの冨安健洋のパフォーマンスをイタリアメディアが採点している。

【今シーズンの冨安健洋はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 不振が続く2チームの対戦。冨安は左サイドバックで先発した。

 0-0で折り返すと、先制したのはホームのトリノ。68分、冨安のファウルで得たFKをヴェルディが中へ入れると、このボールは精度を欠いて味方には合わなかった。しかし、ボローニャGKダ・コスタが足に当てたボールがそのままゴールとなる。

 ボローニャは78分に同点弾。63分の交代に伴い右サイドに移っていた冨安がヴィニャートにボールを預けてインナーラップをすると、ヴィニャートは冨安をオトリに使って中へドリブル。スルーパスを通してソリアーノが決めた。

 フル出場した冨安について、イタリアメディアは概ね平均的な評価。『スカイ』と『スポルトメディアセット』は「6」を付けた。最低点は失点に直結するミスがあったGKダ・コスタの「4.5」となっている。

 『トゥットメルカートウェブ』も「6」の採点。「トリノのディフェンスラインを越えるパラシオを走らせるパスは良いアイディア」と称えつつ、「何度かボールを失った」ことも指摘した。

 4試合勝利がないボローニャは、23日にアタランタと対戦する。

【了】

新着記事

↑top