香川真司
【写真:Getty Images】

 MF香川真司は、トルコへの移籍が決まるだろうか。スペイン『エル・デスマルケ』が現地時間15日、同選手の現状を伝えている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 香川はレアル・サラゴサで構想外となり、フリートランスファーで新天地を探している。日本復帰の話も浮上したが、本人は「欧州でやるべきことがあると、夏にお断りさせていただいています」と、12月21日に投稿。「数週間の中で自分なりの決断を欧州でできればと思っています」と記していた。

『エル・デスマルケ』は先日のトルコでの報道をもとに、アンタルヤスポルが香川との契約に関心を持っていると伝えた。同メディアは「スペインでサッカーを楽しむという夢を続けたいと考えていたが、少なくともヨーロッパサッカーとのつながりを維持したい」という本人の意向に沿った選択肢かもしれないとみている。

 アンタルヤスポルにはボルシア・ドルトムント時代の香川の同僚であるMFヌリ・シャヒンがいるほか、最近では元ブラジル代表のFWパト獲得の噂も出ていた。

 香川が自身の去就について投稿してからすでに「数週間」が経過した。決断はもう出ているのだろうか。

【了】

新着記事

↑top