世界最高額のDFは誰だ? サッカー選手DF市場価値ランキング16~20位。爆発的スピードを持つ男の評価が急上昇!【2021最新版】

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高いDFは誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングを紹介する。※成績は1月22日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

2021年01月23日(Sat)9時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

20210123_focus_getty
【写真:Getty Images】

 これからが楽しみな若きDFたちが続々とランクインしている。ビジャレアル所属のパウ・トーレス(16位)はスペイン代表でセルヒオ・ラモスの相棒を担うほどの存在となっており、インテルのアレッサンドロ・バストーニ(20位)はアントニオ・コンテ監督の下で不動の地位を築いている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 そして、特に強烈なインパクトを残しているのが17位のテオ・エルナンデスだ。爆発的なスピードと非凡なフィジカルを持つ同選手は好調ミランにおける大きな武器となっており、レアル・マドリードからの加入時は1500万ユーロ(約18億円)だったその市場価値は、現在5000万ユーロ(約60億円)にまで上昇している。

20位:アレッサンドロ・バストーニ(イタリア代表/インテル)
生年月日:1999年4月13日(21歳)
市場価値:5000万ユーロ(約60億円)
今季リーグ戦成績:15試合出場/0得点2アシスト

19位:ベン・チルウェル(イングランド代表/チェルシー)
生年月日:1996年12月21日(24歳)
市場価値:5000万ユーロ(60億円)
今季リーグ戦成績:16試合出場/2得点4アシスト

18位:ジエゴ・カルロス(ブラジル/セビージャ)
生年月日:1993年3月15日(27歳)
市場価値:5000万ユーロ(約60億円)
今季リーグ戦成績:17試合出場/0得点0アシスト

17位:テオ・エルナンデス(フランス/ミラン)
生年月日:1997年10月6日(23歳)
市場価値:5000万ユーロ(約60億円)
今季リーグ戦成績:15試合出場/4得点3アシスト

16位:パウ・トーレス(スペイン代表/ビジャレアル)
生年月日:1997年1月16日(24歳)
市場価値:5000万ユーロ(約60億円)
今季リーグ戦成績:19試合出場/2得点0アシスト

【了】

新着記事

↑top