川島永嗣、強豪リヨンに3失点で厳しい評価。デパイのFKセーブなど奮闘も…

2021年02月07日(Sun)17時06分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

川島永嗣
【写真:Getty Images】

 フランス・リーグアン第24節のリヨン対ストラスブール戦が現地時間6日に行われ、ホームのリヨンが3-0で勝利を収めた。ストラスブールの日本代表GK川島永嗣は先発でフル出場している。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 川島は11月に先発復帰を果たして以来14試合連続となる出場。だがストラスブールは前半14分で退場者を出してしまい、強豪相手に苦しい試合を強いられた。

 前半20分にはスルーパスを受けたオランダ代表FWメンフィス・デパイが冷静に川島の左を抜く低いシュートで先制点。29分にはそのデパイのFKを川島が見事なセーブでストップしたが、直後にカメルーン代表FWカール・トコ・エカンビに2点目を許した。後半にはデパイが直接FKを突き刺して2点目を挙げ、快勝したリヨンが暫定首位への浮上を果たす結果となった。

 フランスメディアではストラスブールのチーム全体に厳しい評価。川島も『レキップ』紙で「4」、地元紙『DNA』でも「4」と、チーム平均をやや上回ってはいるが低い採点をつけられている。『ディレクト・ラシン』ではチーム最高タイの「5」をつけた。

『Maxifoot』でも川島に対して採点「4」と低め。「ストラスブールのGKはこの試合で非常に忙しく働いた」と述べ、「ディフェンス陣にあまり助けてもらえなかった」「セーブも数多くあったが厳しい試合だった」と振り返っている。

 ストラスブールは3連勝のあと2分け2敗と最近4試合白星がなく、順位は15位で変わらず。今週はフランス杯でモンペリエと対戦したあと、週末のリーグ戦では川島の古巣メスと対戦する。

【了】

新着記事

↑top