股抜きから最後はラボーナ! 若手時代のディ・マリア、凄すぎる個人技ゴール【欧州EL】

2021年02月15日(Mon)19時53分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

アンヘル・ディ・マリア
【写真:Getty Images】

 パリ・サンジェルマン(PSG)で主力として活躍を続けるアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアは、2月14日に33歳の誕生日を迎えた。UEFAヨーロッパリーグ(EL)公式ツイッターアカウントでは同選手の誕生日を祝い、若手時代のスーパーゴールを紹介している。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 母国のロサリオ・セントラルで頭角を現したディ・アリアは、19歳だった2007年にベンフィカへ移籍。欧州初挑戦の舞台でもウインガーとして活躍し、さらに評価を高めていった。

 EL公式アカウントが紹介しているのは2009年12月に行われたグループステージ最終節AEKアテネ戦で生まれた圧巻のプレー。味方選手からの縦パスを受けてエリア手前に侵入したディ・マリアが並走するDFの股間を抜いて入れ替わろうとすると、ボールはやや外に流れてしまう。だがボールの動きと自身のステップが合わないこともディ・マリアにとっては全く問題にならなかった。咄嗟の判断により左足の“ラボーナ”でシュートを放つと、飛び出してきていたGKとDFの間を抜けたボールが見事にネットに転がり込んだ。

 ディ・マリアはこの年のELでチームの準々決勝進出に貢献するとともに、国内リーグではベンフィカを優勝に導いて年間最優秀選手賞を受賞。翌年にはレアル・マドリードへ移籍し、さらにマンチェスター・ユナイテッド、PSGとビッグクラブを渡り歩くキャリアを進んでいくことになった。

1 2

新着記事

↑top