リバプール伝説の英雄5人、その能力値は? ジェラードにオーウェン、さらに…世界で愛された男たち

長いサッカーの歴史の中で、リバプールは最も多くの人々から愛されるクラブの1つである。今回は00年代に活躍し、今なお多くのファンに愛されているリバプールの名選手たちについて、フットボールチャンネル編集部が独自の方法で算出した能力値を紹介する。[sponsored content]

2021年02月27日(Sat)10時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

リバプール史上最高のキャプテン

スティーブン・ジェラード
【写真:Getty Images】

MF:スティーブン・ジェラード(リバプール/イングランド代表)
生年月日1980年5月30日(当時24歳)
04/05シーズンリーグ戦成績:30試合7得点2アシスト
リバプール リーグ戦通算504試合121得点
リバプールでの主な獲得タイトル:FAカップ(00/01、05/06)、フットボールリーグカップ(00/01、02/03、11/12)、コミュニティ・シールド(06)、UEFAチャンピオンズリーグ(04/05)、UEFAカップ(00/01)、UEFAスーパーカップ(01)

 近年のリバプールにおいて誰よりも愛されたのがスティーブン・ジェラードである。リバプールのアカデミーで育ち、98/99シーズンにトップチームデビュー。14/15シーズン後に退団するまで主将としてチームを支え続けた。

 基本データはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)を奇跡的な逆転勝利で制し、UEFA年間最優秀選手に輝いた04/05シーズンのもの。得点数やアシスト数においては倍以上の数字を残したシーズンもあるが、誰よりもチームプレイヤーだったジェラードのとって最高のシーズンといえるのはこの年だろう。

 強靭な「フィジカル」にハードワークを惜しまない「守備力」、サイドアタッカーとしても有能な「ドリブル」に公式戦20得点を期待できる「攻撃力」、そしてどんな苦境にも決して折れない「メンタル」と、サッカー選手に必要な能力を全て世界最高レベルで兼ね備えている。

 その中で最大の魅力を挙げるなら「パス」だろう。今回の能力値でも92を記録するように、精度の高さは最高レベル。ショート、ミドル、ロングとレンジが広がっても精度が落ちることはなく、万を超える大観衆の中でもキック音が響き渡るほど強烈だった。

 誰よりも強く、誰よりも巧く、誰よりも諦めないジェラードという選手がチームにいる。それこそが当時のリバプールにとって最高の誇りだった。

リバプールのレジェンドであるスティーブン・ジェラードとマイケル・オーウェンが、スポーツ育成シミュレーションゲーム「プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド」(サカつくRTW)に登場!

通常版スカウト
詳細は画像をクリック
スティーブン・ジェラード1
詳細は画像をクリック
スティーブン・ジェラード2
詳細は画像をクリック
マイケル・オーウェン1
詳細は画像をクリック
マイケル・オーウェン2
詳細は画像をクリック

Google playからのダウンロードはこちら
googleplay

App Storeからのダウンロードはこちら
apple

1 2 3 4 5

新着記事

↑top