室屋成に「寿司の国」で炎上の解説者、契約打ち切られ反論。「ノルウェーをフィヨルドの国と言うのと同じ」

2021年03月14日(Sun)17時45分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

ヨルグ・ダールマン
【写真:Getty Images】

 ドイツ2部のハノーファーに所属するDF室屋成に対するコメントが人種差別的ではないかとして騒ぎになった解説者のヨルグ・ダールマン氏は、ドイツ『スカイ』の解説の仕事から降ろされることが決まった。本人は不当な決定であるとして抗議を行っている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ダールマン氏の発言が物議をかもしたのは、今月6日に行われたエルツゲビルゲ・アウエ対ハノーファー戦の解説を行っていた時のこと。室屋が決定機を逃したあとに発した、「ハノーファーでの最初の得点になるはずだった。彼の最後のゴールは寿司の国でのことだ」というコメントだった。

 日本を「寿司の国」と表現したことに対し、SNS上の一部ファンからは人種差別にあたるのではないかとの声も上がった。ダールマン氏がSNSで反論したことも火に油を注いで騒ぎを大きくし、『スカイ』に対して同氏をクビにするよう求める意見もあった。

 ダールマン氏は過去にも選手に対する侮辱的発言などで炎上したことがあり、いずれにしても今季で契約は打ち切られると予想されていた。だが『スカイ』は今季末までとなっていた残りの契約期間にも同氏を起用しないという決断を下した。

 ダールマン氏は13日に自身のインスタグラム公式アカウントでメッセージを投稿。「残念ながら終了を受け入れた。スカイは6月の契約満了まで待つことを望まなかった」と、不本意ではあるが決定を受け入れたことを表明している。

 だが同氏は、「寿司の国」発言に人種差別的意図がなかったことも改めて主張。「寿司の国というのは日本の別名でしかない。ノルウェーをフィヨルドの国と言うのと同じだ。一部の人がそこに人種差別的背景があることにした。自由なジャーナリズムに対する“ソーシャルヘイター”の勝利だ」と述べている。

 ダールマン氏はさらに、「寿司の国」という表現は「数え切れないほど多くの日本人が認めてくれたが、彼ら自身も誇りを込めて使っている。全く人種差別だとは考えていない」と説明。この発言を理由に『スカイ』を離れざるを得なくなるのは「全く良くもないしフェアでもない」としている。

【了】

新着記事

↑top