U-24日本代表のスタメンを予想! U-24アルゼンチン代表戦、ベストメンバーならこの11人? 久保建英ではなく…、川崎フロンターレからは?

2021年03月19日(Fri)15時12分配信


Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

0319U24daihyo2
【写真:Getty Images】

 日本サッカー協会(JFA)は19日、U-24代表メンバー23人を発表した。U-24日本代表は26日と29日にU-24アルゼンチン代表と対戦する。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 直前の強化試合を除くと、7月下旬に開幕する東京五輪本番に向けて、このチームが集合できるのは今回と6月の2回のみ。A代表に定着しているメンバーが多いものの、A代表で主力を務める冨安健洋以外のメンバーはU-24日本代表に召集されている。

 U-24アルゼンチン代表は東京五輪の出場権を獲得している。本大会の優勝候補の一角と目されるチームとの試合の先発メンバーを予想した。

 GKには、所属クラブで正GKを務める3人が選ばれた。谷晃生は3人の中で最年少の20歳だが、期限付き移籍した湘南ベルマーレで昨季途中にレギュラー定着を果たした。鹿島アントラーズの沖悠哉もクォン・スンテからポジションを奪い、昨季はリーグ戦24試合に出場している。

 それぞれポテンシャルを持ったGKだが、代表チームでの経験では大迫敬介が一歩リードしている。2019年のコパ・アメリカ(南米選手権)でA代表デビューを果たし、その後も五輪世代でコンスタントに起用されている。

 板倉滉はこのチームを立ち上げた当初から主力としてプレーしている。今季は所属するオランダ・フローニンゲンで素晴らしいシーズンを過ごしており、今季終了後のステップアップは不可避と見られている。板倉に加え、FC東京で副キャプテンを務める渡辺剛、柏レイソルで不動の地位を築く古賀太陽が3バックを組むのではないだろうか。

 中盤はこのチームで主将を担う中山雄太と、Jリーグ王者・川崎フロンターレの中心選手に成長した田中碧のコンビ。右ウイングバックは原輝綺もいるが、菅原由勢がベターだろう。今季の序盤戦は所属するオランダ・AZで先発を外れることもあったが、ここまで公式戦30試合に出場している。

 両サイドで起用されてきた橋岡大樹、杉岡大暉が今回はいない。左ウイングバックの候補はフロンターレの旗手怜央と名古屋グランパスの相馬勇紀。どちらも攻撃面でクオリティを発揮する選手で、今季のパフォーマンスは高い。悩ましい選考となるが、今回は相馬の起用を予想する。

 前線は今季の調子と照らし合わせて予想した。PSVからアルミニア・ビーレフェルトに期限付き移籍している堂安律は、バイエルン・ミュンヘン戦でゴールを決めた。直近のレバークーゼン戦でもゴールを決めており、良い流れで日本に帰ってくることになる。

 海外組の久保建英、三好康児、食野亮太郎はここのところ出場機会を得られていない。ルーキーイヤーでJリーグベストイレブンに選ばれ、今季もフロンターレの3トップで活躍する三笘薫は先発に名を連ねるだろう。FC東京の田川亨介も今季公式戦で3得点をマーク。FC東京ではウイングでプレーすることが多いが、U-24日本代表では1トップとして活躍してもらいたい。

●U-24アルゼンチン代表戦予想先発メンバー

▽GK
大迫敬介(サンフレッチェ広島)

▽DF
板倉滉(フローニンゲン/オランダ)
渡辺剛(FC東京)
古賀太陽(柏レイソル)

▽MF
菅原由勢(AZ/オランダ)
田中碧(川崎フロンターレ)
中山雄太(ズヴォレ/オランダ)
相馬勇紀(名古屋グランパス)

▽FW
堂安律(ビーレフェルト/ドイツ)
田川亨介(FC東京)
三笘薫(川崎フロンターレ)

【了】

新着記事

↑top