FW

ベンハミン・ロレイセル
【写真:Getty Images】

ベンハミン・ロレイセル(リーベル・プレート)
生年月日:2000年3月24日(21歳)
U-23アルゼンチン代表通算成績:出場なし(初招集)

 U-24アルゼンチン代表への選出は今回が初めてだが、バティスタ監督が「テクニックがあるし、非常にパスも正確」と述べ名指しで期待を寄せる新戦力の1人だ。左利きの右ウィングとして競争に割って入れるか注目したい。

 クラブではあまり出番に恵まれず、プロとしての実績はほぼ皆無に等しい。だが、名門リーベル・プレートで激しい競争を生き抜き、下部組織からトップチームまで上り詰めた実力やハングリー精神は本物のはず。U-24アルゼンチン代表でも最後尾からのごぼう抜きはあるだろうか。

アグスティン・ウルシ
【写真:Getty Images】

アグスティン・ウルシ(バンフィエルド)
生年月日:2000年5月4日(20歳)
U-23アルゼンチン代表通算成績:7試合出場/1得点1アシスト

 欧州の名だたるビッグクラブが熱視線を送るウィングの逸材で、彼もまたU-20代表時代からバティスタ監督の指導を受けてきた愛弟子である。もちろん東京五輪の出場権獲得にも大きく貢献した。

 主戦場は左サイドで、縦への鋭いドリブル突破が最大の武器。バンフィエルドでは18歳の頃から主力として活躍しており、プロ経験も豊富だ。身長168cmの小柄な突貫小僧はU-24日本代表にとっても厄介な存在となるに違いない。

アドルフォ・ガイチ
【写真:Getty Images】

アドルフォ・ガイチ(ベネヴェント/イタリア)
生年月日:1999年2月26日(22歳)
U-23アルゼンチン代表通算成績:6試合出場/1得点0アシスト

 身長194cm体重94kgの巨漢を誇るエースストライカーだ。彼もまた「中心的役割を果たしている」とバティスタ監督の信頼をつかんでいる愛弟子の1人。2019年のU-20ワールドカップにも出場していた。

 今季途中からイタリア1部のベネヴェントでプレーし、代表合流直前の試合ではユヴェントスから決勝点を奪った。心身ともに最高の状態で意気揚々と来日したはず。圧倒的なパワーで相手をねじ伏せるスタイルは、好調だとなお手がつけられなくなる。

【次ページ】フォーメーション

1 2 3 4 5

新着記事

↑top