韓国代表は全く「怖くない」。日韓戦歴史的惨敗の原因とは? 奇策ゼロトップは完全失敗、最後に残ったのは…

2021年03月26日(Fri)10時53分配信

photo JFA
Tags: , , , , , , , , , ,

韓国代表
【写真提供:日本サッカー協会】

【日本 3-0 韓国 国際親善試合】

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 日本代表は25日、日産スタジアムで行われた国際親善試合で韓国代表と対戦し、3-0で勝利を収めた。

 森保一監督は現状のベストメンバーを送り出し、アジアの虎を圧倒した。山根視来が代表デビュー戦で先制ゴールを奪取すると、その後に鎌田大地が追加点。試合終盤にはセットプレーから遠藤航にも得点が生まれている。日本代表は90分間で22本のシュートを浴びせるなど、まさに快勝でスタジアムを去った。

 一方で韓国代表には躍動感がまったくなかった。今や世界トップレベルのアタッカーとなったソン・フンミン、ムービングストライカーであるファン・ヒチャンら主力海外組が不在だった影響もあっただろうが、あまりに「怖く」ない。現地メディアも「日韓戦の歴史に残る惨敗」と酷評している。

 韓国代表は前半でわずか1本しかシュートを放っていない。この原因はやはり、韓国の至宝イ・ガンインをいわゆるゼロトップで起用したことだろう。同選手は技術力の高さを見せることもあったが、多くの時間で長身を誇る吉田麻也や冨安健洋に封じられ、中盤にポジションを下げざるを得ず。ただ、そこでも遠藤航と守田英正が警備を怠っていないので、どうにも怖さを発揮できなかった。

 日本代表は最前線の大迫勇也が躍動し、攻撃が活性化する場面が多々あった。しかし、対する韓国代表は肝心な最前線の選手が孤立。こうなると、やはりオフェンス陣の勢いは出ない。韓国『中央日報』は「ゼロトップの奇策は日本の守備に通用しなかった」とパウロ・ベント監督の采配に疑問を呈したが、それも無理はないだろう。イ・ガンインのゼロトップ起用は完全に失敗に終わった。

 攻撃が機能せず、セカンドボールも守田と遠藤にことごとく回収され、前に蹴り込んでも吉田と冨安の壁に跳ね返され続ける。こうしてフラストレーションを溜め込んだ韓国代表の選手、とくに背番号2キム・テファンは何度もユニフォームを引っ張ってファウルを犯すなど、冷静なプレーを失っている。

 後半に入りイ・ガンインを下げ長身イ・ジョンヒョプを入れたことで前半よりは前に出られるようにはなっていたが、すでに2失点していたこともあり、日本代表ペースにあることに変わりはなかった。パウロ・ベント監督は現地で痛烈な批判を浴びているようだが、確かにこの日、韓国代表の印象として残ったのは、イ・ドンジュンによる最低最悪の肘打ちだけだった。

【了】

新着記事

↑top