田中碧が描く攻撃のイメージ。久保建英や三笘薫をどう生かす?「いかに前向きの状態を作るか」

2021年03月28日(Sun)20時50分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

田中碧
【写真:Getty Images】

 U-24日本代表は29日に予定されているSAISON CARD CUP 2021のU-24アルゼンチン代表戦に向けて合宿を続けている。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 出場停止のため26日に行われたU-24アルゼンチン代表との1戦目を欠場したMF田中碧は、「『自分だったらこうしようかな』とか『こうすればもう少し2列目の選手が生きるのかな』とか、そういう目線で(試合を)見ることができたので、そこはよかったです」と語った。すでに29日の2戦目で勝利を掴みとるために自分が関わる攻撃のイメージを膨らませている。

「(2列目の選手たちは)もう少し近い距離でプレーした方が生きるんじゃないかと見ていて感じたので、そこの距離感だったり、三角形を作るとか、孤立させないとか、そういう部分が非常に重要にはなると思います」

 4-2-3-1ならダブルボランチの一角で起用されるであろう田中は、自分の前でプレーする2列目のアタッカーたちのパフォーマンスを引き出すための方法を模索している。26日の試合で言えば、久保建英や三笘薫、三好康児が「2列目」で奮闘していた。彼らが持っている力を最大限に発揮させるには、どうすればいいのだろうか。

「(2列目の)どの選手にも言えるのは、前を向いてボールを持った時が一番怖さが出るということ。それが一番得点の匂いがするとは思うので、彼らをターンさせてあげられるパスをいかに出し、前向きの状態を作るのかが非常に大事だと思います」

 まさに田中碧にとっては腕の見せどころだ。川崎フロンターレでも強力なアタッカーたちの存在を引き立たせてきたパスワークで、アルゼンチンを翻弄できるだろうか。

「この前の試合を見ていると、(久保や三笘、三好は)3人とも足もと(でパスを受ける)だけではなく、いつでも(ディフェンスラインの)裏を取る準備をしていました。足もとだけではなく、背後に走っているタイミングでしっかりボールを出せれば、より相手(の陣形)も間延びびすると思います。(前の試合は)そこが少しなかったのかなと。

3人ともアクションは必ず起こしているので、そこに自分がボールを出せれば、チームの攻撃がより活性化するのではないかと思いますし、パスを出すだけじゃなくて、自分が出して、そこ(前線)に加わっていけば、より中央での崩しもそうですし、サイドからもペナルティエリア内に侵入できるのではないかと感じました」

 頭の中に思い描く理想のイメージを、ミクニワールドスタジアム北九州のピッチで具現化できるか。田中碧のゲームメイクでアルゼンチンの選手たちを翻弄できれば、試合は格段に面白くなるはずだ。

(取材・文:舩木渉)

【了】

新着記事

↑top