U-24日本代表、林大地とは何者? その姿はまさにビースト、世界トップレベルFWカバーニのような魅力

2021年03月29日(Mon)23時50分配信

photo Shinya Tanaka
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

林大地
【写真:田中伸弥】

【日本 3-0 アルゼンチン SAISON CARD CUP 2021】

 U-24日本代表は29日、SAISON CARD CUP 2021でU-24アルゼンチン代表と対戦し、3-0で勝利。0-1で敗れた26日のゲームの“リベンジ”を果たした。

 横内昭展監督率いるチームは立ち上がりから相手を押し込んだが、なかなか点を奪えない時間帯が続いていた。それでも、前半アディショナルタイムに先制。均衡を破ったのはFW林大地だった。瀬古歩夢からのロングパスをうまくコントロールし、GKとの1対1を冷静に制している。

 試合後、アシストを記録した瀬古は「試合前から大地とあそこを話していたんで、それが思い通りに通ったんで非常に良かったと思う」とコメント。そして林は「歩夢から良いボールが来た。FWなので、決めるのが責任」と言葉を残している。まさに、二人の呼吸が合った完璧な得点だった。

 貴重な先制点を奪った林は、2019年に特別指定選手としてサガン鳥栖でJデビューを飾り、昨季にJ1リーグ9得点を叩き出すなどブレイク。大卒2年目の今季も好調で、すでにリーグ戦6試合で3得点1アシストをマークしている。

 テクニックを駆使して華麗に相手をかわしてゴールを奪うタイプではない。しかし、どんなに難しいボールが来ても、そしてどんなに難しい体勢にあっても第一にゴールに向かうことができるのが林という男の最大の強み。そのプレースタイルから「ビースト(野獣)」の異名をとる。海外の著名な選手で表すと、とにかく走ることを嫌わないエディンソン・カバーニのような魅力を持った男と言えばイメージしやすいだろうか。

 林の走力を生かした攻守における献身性は、U-24アルゼンチン代表戦でもよく見られた。屈強な相手に対しフィジカルコンタクトで簡単に負けておらず、とにかくボールをゴールに向かわせるために泥臭く戦う。何度か囲まれて倒されたが、すぐに立ち上がり次のプレーに移るなど、汗をかきまくった。試合後には「チームのために走るというのは心がけている。チームのために少しは走れたかなって思います」と言葉を残していた。

 これまで世代別代表に呼ばれたことは一度もない。今回も堂安律の負傷による追加招集だった。そしてU-24アルゼンチン代表戦でも、決してボールに触れられる機会が多かったわけでもない。しかし、一瞬でやって来たチャンスをモノにした。その姿はまさに、一気に獲物を捕らえるビースト(野獣)そのものだった。

 2019年のラグビーワールドカップを制した南アフリカ代表に、テンダイ・ムタワリラという選手がいる(同年に代表引退)。スプリングボクス(南アフリカ代表の愛称)で長く活躍した同選手は、ビースト(野獣)という異名で愛された存在だった。彼がボールを持つと、スタジアムからは「ビースト! ビースト!」という歓声が沸き起こる。ラグビー界ではお馴染みのコールだ。

 サッカー界の「ビースト(野獣)」こと林も、スタジアムをビーストコールに包み込めるような選手になるだろうか。確かに言えることは、U-24アルゼンチン代表戦でのパフォーマンスが今後に大きな期待感を抱かせるものだったことだ。


【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

(文:○○ 取材協力:○○)

【了】

新着記事

↑top