瀬古歩夢の“ミサイル”パス、林大地の先制弾。遠距離でも「常に準備をして待っていた」超絶連係プレー

2021年03月30日(Tue)9時08分配信

photo Shinya Tanaka
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

林大地
【写真:田中伸弥】

 U-24日本代表は29日に行われたSAISON CARD CUP 2021で、U-24アルゼンチン代表に3-0の快勝を収めた。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 26日の1戦目で敗れていた相手にリベンジを達成した。序盤から球際の激しい攻防が繰り返され、両チームとも大きなチャンスは作れていないなか、日本は45分に鮮烈なゴールで先制。試合の流れを大きく引き寄せた。

 センターバックの瀬古歩夢がボールを持って顔を上げ、最前線にミサイルのようなロングフィードを供給する。それに反応して相手ディフェンスラインの背後に抜け出したFW林大地が、GKとの1対1も落ち着いて制し、ゴールネットを揺らした。

 U-24日本代表初招集だった林にとっては嬉しい初ゴールにもなった。「(瀬古)歩夢からすごくいいボールが来た」と、“ビースト”の異名を持つ野生派ストライカーは自らのゴールシーンを振り返る。

「その前にも味方同士でしっかりつないで僕のところにいいボールが来たので、決めないといけない責任がFWにはある。しっかりゴールにつなげられてよかったと思います」

 瀬古の持ち味でもある高精度のロングフィードを活かし、一気にゴールへ迫る形は狙い通りだった。「試合前から(林)大地と常に話していたので。自分の特長でもありますし、常に狙っていこうと思っていましたし、その中でコースが見えたので、それが通ってよかったです」と瀬古は語る。

「相手のDFの映像は試合前から自分自身も確認していて、背後の対応がちょっと雑なところが何シーンかあったというのが事実で。そこを狙っていけたので、実際につながってアシストになったのでよかったかなと思います」

 瀬古は試合前から林に対し、自分のロングパスに抜け出してゴールを狙っていこうと要求していたという。20歳のセンターバックは「大地の特長を生かすのにも、大地はああいうところ(ディフェンスラインの背後のスペース)で受けるのが上手なんで。あっちからも要求もあったので、どっこいどっこいです」と明かした。

 一方、林も「具体的にこれを言っていたとかはないですけど、『俺は見ているから、常に準備しといてな』くらいな歩夢の感覚で、すごくいいボールを出すのは練習からわかっていましたし、常に準備をして待っていた感じです」と年下のDFへの信頼を口にした。

 ゴール後は「アドレナリンが出過ぎて、あまり覚えていない。しっかり、もっと叫べたら」と喜びが爆発した。

 対して冷静な瀬古は、林に通したロングフィードに込めた自分なりのこだわりを「ああいうボールを狙うときは自分はアウトに(回転を)かける。センターバックの間となったら、アウトにかけた方がいい。大地も利き足は右足だったので、トラップしやすいかなというのを感じながらやったのはあります」と解説していた。

 U-24アルゼンチン代表を率いるフェルナンド・バチスタ監督は「前半の最後にゴールが入ったことで選手たちの集中が少し削がれてしまった」と悔やんだ。瀬古と林の超長距離連係プレーによって均衡が破れた先制点の瞬間が、3-0という大差につながる勝負の分かれ目だった。

(取材・文:舩木渉)

【了】

新着記事

↑top