世界最高の選手は誰だ? サッカー選手能力値ランキング16~20位。アフリカのモンスターCB、ノルウェーの怪物の順位は?(20/21シーズン版)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

2021年04月05日(Mon)6時00分配信

シリーズ:20/21能力値ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

20位:リバプール不動の左サイドバック

アンドリュー・ロバートソン 20/21サッカー選手能力値ランキング
【写真:Getty Images】

DF:アンドリュー・ロバートソン(リバプール)
生年月日:1994年3月11日(26歳)
19/20シーズンリーグ戦成績:36試合2得点12アシスト
市場価値:7500万ユーロ(約90億円)

 リバプール不動の左サイドバックが20位にランクイン。このスコットランド代表DFは守備、攻撃ともに高い数値を示している。豊富な運動量を持ち、1試合を通して激しい上下動を繰り返す。リバプールにとってなくてはならない存在だろう。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

 攻守ともに申し分ないが、空中戦でやや劣っている。だがリバプールでは空中戦に強いCBがいるため、そこまで問題ではない。いざという時のスピード、左サイドを駆け上がった時のクロスボールなどは一級品だ。

 相手が嫌がるようなしつこい守備で追いかけ回す。奪った後の速攻で左サイドを駆け上がれば、追いつける選手は多くない。また巧みなテクニックで相手を華麗にかわす。

 ロバートソンの左サイドでの上がりが増えアシスト数がさらに増えれば、リバプールの得点数はさらに上がることだろう。ロバートソンの攻撃に注目だ。

【次ページ】ナポリの大型CB

1 2 3 4 5

新着記事

↑top