マンUとバイエルンの激戦にロッベンが決着!CL4強進出を決めた絶妙ダイレクトボレー【欧州CL】

2021年04月08日(Thu)0時03分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

アリエン・ロッベン
【写真:Getty Images】

 11年前の今日、バイエルン・ミュンヘンがマンチェスター・ユナイテッドとの激戦を制してチャンピオンズリーグ(CL)準決勝進出を勝ち取った。最後に勝負を決めたのはアリエン・ロッベンの絶妙なボレーシュートだった。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 2009/10シーズンのCL準々決勝で激突したユナイテッドとバイエルン。1stレグから激戦となり、開始直後のウェイン・ルーニーのゴールでユナイテッドが先制したが、フランク・リベリとイヴィツァ・オリッチのゴールで逆転したバイエルンが2-1と先勝していた。

 2010年4月7日、ユナイテッドの本拠地オールド・トラフォードで行われた2ndレグではまたすぐに立場が入れ替わる。開始3分で先制点を奪ったユナイテッドがアウェイゴールの差でトータルスコアを逆転すると、前半のうちに3-0までリードを広げてしまった。

 だがそのまま大人しく敗れるバイエルンではなかった。3点目を奪われた直後にオリッチが1点を返してスコアを3-1とし、トータルスコアは4-3。あと1点を返せばアウェイゴール数でバイエルンが再逆転となる。

 そして迎えた74分、バイエルンを準決勝へと導くゴールはロッベンの左足から生まれる。左CKからリベリが高く蹴り上げたクロスは、ゴール正面やや右寄りのエリア手前で待ち構えたロッベンのもとへ。完全にフリーとなっていたロッベンはゆっくりと狙い澄ましてボールの落ち際に合わせると、エリア内の密集を抜けてゴール左隅へ突き刺さる“ここしかない”というコースへ完璧なシュートを送り込んだ。

1 2

新着記事

↑top